病名候補を自動表示、請求手続き支援 オリックス生命

金融最前線
金融機関
2020/9/29 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オリックス生命保険は30日、医療保険の契約者が給付金を請求する手続きで、病名の候補を自動で表示するサービスを始める。診療明細書をカメラで撮影して読み込めば治療内容や薬剤名を手掛かりに人工知能(AI)を活用して複数の候補を予測する。契約者にとっては正式な病名が分からなくても手続きを簡単に済ますことができる。

新たなサービスは生保業界で初となる。オリックス生命は3月に給付金の請求手続きをスマートフォ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]