米大統領選、初の直接対決 TV討論会で「資質」応酬へ

米大統領選
2020/9/29 19:30
保存
共有
印刷
その他

民主党候補のバイデン前副大統領(写真左)と共和党のトランプ大統領=いずれもAP

民主党候補のバイデン前副大統領(写真左)と共和党のトランプ大統領=いずれもAP

【ワシントン=永沢毅】米大統領選は29日夜(日本時間30日午前)、共和党のドナルド・トランプ大統領(74)と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)の初の直接対決となるテレビ討論会を開く。政策論に加え、資質を巡る激しい応酬になると予想される。

バイデン氏は「納税問題」に照準

小学校の先生は7239ドル(約76万4000円)、消防士は5283ドル――。バイデン陣営は27日、米国内の一般的な労働者の年間の所得税額を紹介する動画をSNS(交流サイト)で流し始めた。30秒の動画は「トランプが払ったのは750ドル」で締めくくる。2016、17年にトランプ氏が連邦政府に払ったとされる750ドルと金額の多寡を対比させる狙いだ。

同陣営はウェブサイトで「私はトランプよりも多くの所得税を納めた」との標語のステッカーやボタンを売り始めた。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、トランプ氏は当選前の15年間のうち10年分の所得税を納めていなかった。

トランプ氏はテレビ番組の司会業やライセンスなどで得た利益を不動産業の損失や経費で相殺していたという。こうした手法は米国の富裕層がしばしば納税額を少なくするために用いる節税テクニックとされ、現段階で違法性が明らかになっているわけではない。

バイデン氏は16年の前回大統領選でトランプ氏に流れた白人労働者層や中間層の票を取り戻さないと選挙で勝てないとみている。こうした層に、トランプ氏の納税を巡る今回の報道が響くとみて攻勢をかける構えだ。

「超富裕層や大企業は公正な負担の支払いを始めるときだ」。バイデン氏は28日にこうツイートした。トランプ政権下で進んだと訴える格差拡大の是正に向けた増税プランへの理解を求める。

トランプ氏が大統領選で敗北した場合に平和的な政権移行を約束するかと記者会見で問われて「何が起きるか見る必要がある」と答えて確約を避けた件や、郵便投票を疑問視する姿勢もバイデン氏は取り上げそうだ。

■トランプ氏は「家族の疑惑」を攻撃

一方、世論調査で劣勢に立つトランプ氏は計3回のテレビ討論会が巻き返しのチャンスとみる。討論テーマの一つである連邦最高裁判所の人事では保守派の女性を指名した自らの決定をアピールし、保守層を鼓舞して集票拡大につなげる。

米議会で正式な手続きの開始となる上院司法委員会の公聴会は10月12日にも始まる見通しだ。トランプ氏は11月3日の投開票日前の承認手続き完了を目指す。米メディアによると、指名から上院本会議で承認採決を実施するまで1970年代以降は平均67日かかった。今回は26日の指名から大統領選の投開票日まで39日しかなく、トランプ氏の思惑通りに進めば異例のスピード採決となる。

トランプ氏がバイデン氏への攻撃で最も有効だとみるのが同氏の次男ハンター氏を巡る疑惑だ。

トランプ氏はバイデン氏が副大統領に在任中、ハンター氏が汚職疑惑のあるウクライナ企業の幹部を務め、不正に高額報酬を得ていたとの疑惑を訴えかけてきた。中国とのビジネスで不当に利益を得たとも批判する。バイデン氏の訪中にハンター氏が同行した直後、同氏が関わるファンドが設立され、中国政府系銀行が投資したことが明らかになったというのだ。

仮に、ハンター氏の問題を取り上げられたバイデン氏が色を失って反論する場面が映し出されれば、冷静な判断を求められる米軍の最高司令官としての適性に疑問符がつきかねない。

テレビ討論会は政策だけでなく、その振る舞いを通じて大統領としての資質を試される場でもある。29日の討論会は経済や新型コロナウイルス対応といった政策もテーマだが、双方の中傷合戦にもなりかねない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]