/

この記事は会員限定です

Moment Joon 居場所なきマイノリティーのストーリー

日本語ラップが映す社会(5) 大和田俊之(ポピュラー音楽研究者)

[有料会員限定]

現在、私はアメリカ東海岸に滞在している。この短期連載の依頼があったのは、5月末に白人警官によるジョージ・フロイド殺害事件が起き、全米でブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)運動が再燃して少し経(た)った頃である。制度的差別の根絶を訴える大規模な運動を目の当たりにし、私は、連載の最後はMoment Joon以外にあり得ないだろうと考えた。

初めてMomentのことを知ったのは10年前、大阪大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン