/

この記事は会員限定です

五輪経費削減の本当の意味 簡素化にかじ切る契機に

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの簡素化の具体策が固まった。どう評価すればいいのだろう。大会組織委員会が国際オリンピック委員会(IOC)と合意した52項目の簡素化案を見ると、細かな内容が目立ち、大幅な経費の削減は期待できそうもない。大会延期に伴う追加経費は数千億円規模と見込まれるが、簡素化によって節約できる金額はそのほんの一部にすぎない。

競技会場などの施設はほぼ完成済み。実施競技、種目、参加選手の数を維...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン