「俺、コロナ」 いたずらの代償重く、実刑判決も

スコープ
社会・くらし
2020/10/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

役所の窓口や商業施設で、新型コロナウイルスへの感染を装った業務妨害事件の判決が相次いで示されている。俺はコロナだ――。今春に続発した悪質な「いたずら」「冗談」が各施設にもたらした損害は大きい。再び感染が拡大する懸念もあるなか、司法判断は厳しい傾向にある。

4月、愛知県大治町役場の1階ロビーで、30代の男が女性職員に話しかけた。「俺はコロナだ。陽性反応が出た」。マスクを外し、数回せきをした後、男は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]