/

この記事は会員限定です

「俺、コロナ」 いたずらの代償重く、実刑判決も

[有料会員限定]

役所の窓口や商業施設で、新型コロナウイルスへの感染を装った業務妨害事件の判決が相次いで示されている。俺はコロナだ――。今春に続発した悪質な「いたずら」「冗談」が各施設にもたらした損害は大きい。再び感染が拡大する懸念もあるなか、司法判断は厳しい傾向にある。

4月、愛知県大治町役場の1階ロビーで、30代の男が女性職員に話しかけた。「俺はコロナだ。陽性反応が出た」。マスクを外し、数回せきをした後、男は「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン