不妊治療の対象「事実婚も検討すべき」 公明代表

2020/9/29 14:00
保存
共有
印刷
その他

公明党の山口那津男代表は29日の記者会見で、不妊治療の助成対象について「事実婚でも不妊治療が必要な実態があるならば、支援措置は検討しなければならない」と述べた。「年730万円未満とする所得制限の緩和も含め、支援措置の拡大強化に努めていきたい」と語った。

菅義偉首相は不妊治療への公的保険の適用を拡大する方針で、27日の公明党大会で「できるだけ早く適用し、それまでは助成金を思い切って拡大したい」と強調した。

公明党は不妊治療に関するプロジェクトチームを近く立ち上げ、11月をめどに政府に提言する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]