/

茂木外相、フランスやサウジなど訪問へ 29日夜出発

(更新)

茂木敏充外相は29日の閣議後の記者会見で、同日から10月4日までの日程でポルトガルやフランス、サウジアラビアを訪問すると発表した。「国際社会で活発な要人往来が再開しつつある。ポストコロナの世界を考えるためにも直接会って議論する」と語った。9月29日夜にチャーター機で出発する。

各国で外相らとの会談に臨む。フランスでは日米が主導する「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向けた連携を確認する。ポルトガルとは新型コロナウイルスの感染拡大を受けた入国制限などで意見交換する。

サウジアラビアは今年の20カ国・地域(G20)の議長国を務める。茂木氏は2019年の議長国として、11月にオンライン形式での開催を予定するG20首脳会議の成功に協力すると申し合わせる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン