三菱UFJ信託銀系コンサル会社、10月1日から業務開始

SDGs
金融最前線
2020/9/29 15:40
保存
共有
印刷
その他

三菱UFJ信託銀行が出資するコンサルティング会社、HRガバナンス・リーダーズ(東京・千代田、内ヶ崎茂社長)は29日、10月1日から業務を開始すると発表した。取締役会の改革を通じて、企業のサステナビリティー(持続可能性)経営を支援する。

主な支援領域は「サステナビリティー」「戦略・リスク・監査」「指名・人財」「報酬」の4つ。HRガバナンスのコンサルタントが顧客企業の関連する委員会にも参画し、議論の質の向上や具体的な方針策定などを顧客企業と一緒に進める。一般的な経営コンサルは数カ月~半年程度だが、同社は顧客企業の経営陣のパートナーとして数年~10年かけて企業統治改革を手伝う。

HRガバナンスは、三菱UFJ信託銀が手掛けていたコンサル事業を独立させ、4月に会社として設立した。10月1日時点で従業員は50人で、このうち45人がコンサルタント。3年後に700社以上の顧客獲得を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]