東洋紡工場火災で実況見分 愛知、県警と消防

2020/9/29 11:01
保存
共有
印刷
その他

愛知県犬山市の東洋紡犬山工場で3人が死傷した火災で、県警と消防は29日、出火原因などを調べるため実況見分した。東洋紡によると、包装フィルムの製造ラインの中で原料の合成樹脂「ポリプロピレン」を引き延ばす機械から出火した可能性がある。

3人が死傷した火災の実況見分が行われた、東洋紡犬山工場へ入る消防車両(29日午前、愛知県犬山市)=共同

工場には午前9時ごろから、県警の捜査車両や消防の車両が次々と到着し、敷地内に入った。

火災は27日午後9時すぎに発生した。初期消火に当たった係長の高橋清文さん(55)、班長の町方暁彦さん(37)が一酸化炭素(CO)中毒で死亡し、別の男性社員も喉をやけどした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]