三菱電機、自治体と協業 新事業創出狙い実証実験

2020/9/29 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱電機は新事業創出に向け、自治体との協業を深める。グループ内の技術や事業経験を生かして、スマートシティー(次世代都市)や高齢者の見守りサービスなどを対象とした実証実験に取り組む。社外の知見を取り込むために、スタートアップに対して100億円規模の投資も計画する。

4月に立ち上げた「ビジネスイノベーション本部」がプロジェクトを推進する。社長直轄の部門横断的な組織で、社会システムや自動車機器など9つ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]