安倍前首相、17年の衆院解散判断「一番当たった」
安倍前首相インタビュー詳報(下)

菅内閣発足
2020/9/29 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三前首相は日本経済新聞のインタビューで7年8カ月超の政局運営を振り返り、2017年の衆院解散の判断が「一番当たった」と語った。小池百合子東京都知事の率いる地域政党が国政進出の準備を整える前に、先手を打って圧勝し「逆『桶狭間』という状況」になったと話した。

――12年12月の第2次安倍政権発足後、すぐに経済政策「アベノミクス」を打ち出しました。

「金融緩和、財政政策、成長戦略という3本の矢で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]