NYダウ続伸で始まる 一時450ドル超高、経済対策に期待

2020/9/28 23:12
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸して始まった。午前9時35分現在は前週末比456ドル06セント高の2万7630ドル02セントで推移している。米与野党が追加経済対策で合意に向かう可能性があるとの見方が買いを支えている。中国の好調な経済指標を受けてアジアと欧州の主要市場が上昇したことも投資家心理の改善につながった。

ニューヨーク証券取引所前=ロイター

米民主党のペロシ下院議長は27日のCNNの番組で「ムニューシン米財務長官が解決につながる何かを示すと信じており、(追加経済対策が)合意できると信じている」と述べた。民主党は前週、2.4兆ドル規模の政策案を提示した。また、27日発表の8月の中国工業企業利益が前年同月比19.1%増とで4カ月連続で増えた。中国景気の回復期待が高まり、日本や香港、欧州など主要株式相場の上昇を支えた。

こうした材料を受けて、米市場では景気敏感株が総じて高い。中でも航空機のボーイング、石油のシェブロン、クレジットカードのアメリカン・エキスプレス、化学のダウの上げが目立つ。

ソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルにも買いが先行している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]