前政権の積み残しに成果を 自民・野田氏が解散慎重論

菅内閣発足
2020/9/28 22:30
保存
共有
印刷
その他

自民党の野田聖子幹事長代行は28日、日本外国特派員協会で記者会見し、早期の衆院解散・総選挙に重ねて慎重姿勢を示した。菅政権の課題として、新型コロナウイルス対策や女性活躍を挙げ「安倍政権の積み残した課題にしっかりと成果を出すことが、強い政権への第一歩だ」と語った。

女性活躍に向けた党の取り組みとして、現職国会議員のいない選挙区などを念頭に「女性候補者を優先的に充てていけるよう呼び掛けたい」と強調した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]