/

この記事は会員限定です

外食が業態転換加速 吉野家・ロイヤル、宅配専門店参入

(更新) [有料会員限定]

外食企業が新たな業態展開を急いでいる。レストラン大手のロイヤルホールディングス(HD)と牛丼チェーン大手の吉野家HDは宅配事業に参入する。家賃や人件費を大幅削減できる宅配を増やし、縮小する市場で利益が出せる収益モデルを探る。新型コロナウイルス感染拡大で飲食を巡る消費行動が外食から家庭へと大きく変化しており、企業は店内飲食に頼る経営からの脱却を迫られている。

日本フードサービス協会(東京・港)によると、国内の外食売上高(約3万800...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン