法人営業強化・店舗網拡大で十八親和銀対抗 長崎銀頭取
地域金融のいま 始動 十八親和銀行

地域金融
長崎
2020/9/29 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長崎県内の金融地図を二分してきた十八銀行と親和銀行の合併は、競合する他の金融機関にも大きな影響を与える。健全な競争関係を維持するためにも、十八親和銀行との対抗軸をつくり出すことが重要になる。長崎銀行(長崎市)の開地龍太郎頭取と、たちばな信用金庫(長崎県諫早市)の塚元哲也理事長に合併の影響や対応を聞いた。

■西日本シティ銀行との連携強化を検討 開地氏

――新銀行は県内で、圧倒的なシェアを持ちます。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]