/

この記事は会員限定です

法人営業強化・店舗網拡大で十八親和銀対抗 長崎銀頭取

地域金融のいま 始動 十八親和銀行

[有料会員限定]

長崎県内の金融地図を二分してきた十八銀行と親和銀行の合併は、競合する他の金融機関にも大きな影響を与える。健全な競争関係を維持するためにも、十八親和銀行との対抗軸をつくり出すことが重要になる。長崎銀行(長崎市)の開地龍太郎頭取と、たちばな信用金庫(長崎県諫早市)の塚元哲也理事長に合併の影響や対応を聞いた。

西日本シティ銀行との連携強化を検討 開地氏

――新銀行は県内で、圧倒的なシェアを持ちます。

「長崎県内では貸出金シェアで7割、メインバンク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1530文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン