静岡の東海部品工業、整形外科インプラントを一貫生産
ふじのくに戦略拠点

2020/9/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県は東部地域を「ファルマバレー」と名付け、医療関連産業の振興に力を入れている。その中核となる「ファルマバレーセンター」(長泉町)の一角に東海部品工業(沼津市)富士メディテックセンターがある。

かつて高校の校庭があった約1600平方メートルの敷地に2017年に稼働した同センターは主に、整形外科で骨の固定治療などに用いるインプラント(埋め込み器具)を開発・製造している。

チタン製のインプラントは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]