/

ソフトバンク系、飲食店の配膳で新型ロボット

ソフトバンクロボティクスの冨沢文秀社長は28日の発表会で「今後も実用に耐え、ニーズに応えられるロボットを出していく」と話した

ソフトバンクグループ傘下のソフトバンクロボティクス(東京・港)は28日、飲食店の配膳などを自動化するロボットを2021年1月に発売すると発表した。ロボットはキッチンから客席まで自動で往復し、料理を座席まで届けたり、食べ終わった皿を片付けたりする。大手チェーンなどに提供する見通しで、レストランなどに大量に配備するのは初めてという。

サービィは客席まで自動で移動して料理を届ける(9月28日の発表会)

ソフトバンクロボティクスは配膳を自動化する飲食店向けロボット「Servi(サービィ)」を21年1月から国内で販売する。3年間のレンタルで月額の利用料金は税別9万9800円。すでに飲食店経営の十数社から1000台を受注しており、3年以内には数百億円の売り上げを目指す。

3次元レーダーセンサー「LiDAR(ライダー)」と3Dカメラを搭載し、人や物を避けながら走行できる。独自のソフトウエアを活用し、人混みの中でもなめらかに移動できる。従来の配膳ロボットはスタッフや客が行き交う飲食店内では止まってしまい、実用化は難しかった。

料理の配膳などの業務を削減でき、浮いた時間を接客に活用できる。実証実験によると、1日9時間分の作業を自動化し、月40万円相当の労働を代替できるという。

レストランを運営するとんでんホールディングス(札幌市)やセブン&アイ・フードシステムズ(東京・千代田)に納入する予定。約300店舗への導入を決めた、「焼肉きんぐ」を運営する物語コーポレーションの加藤央之社長は「配膳作業をロボットに代替し、スタッフにはより付加価値の高いサービスを提供してもらう」と話す。

28日の発表会に登壇したソフトバンクロボティクスの冨沢文秀社長は「新ロボットは正確に移動する動作性が強みだ」と強調する。今後、飲食店のほか医療施設や小売店、ホテルなどにもサービィを売り込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン