/

この記事は会員限定です

CO2海上輸送、基地整備に着手へ 経産省

[有料会員限定]

経済産業省は石炭火力発電所などから出る二酸化炭素(CO2)を回収して海上輸送する基地の整備を2021年度に始める。関西電力の舞鶴発電所(京都府舞鶴市)から北海道の苫小牧に運ぶ計画の一環。CO2を地中に埋めたり、資源として再利用したりして排出量の削減をめざす。

経産省が21年度予算の概算要求に関連費用65億円を盛り込む。まずCO2を運ぶ船の基地の整備に着手し、安全に輸送する技術を確立させる。24年には海上輸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン