ワーケーション、企業と自治体を仲介 観光庁

2020/9/28 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

観光庁はリゾートや観光地で働きながら休暇を過ごす「ワーケーション」を推進するため、興味を持つ企業と受け入れを目指す自治体のマッチングを始める。社員の新たな働き方を探る企業と、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ち込んだ宿泊事業者を引き合わせることで新たな旅行需要の開拓につなげる。

観光庁は2020年度中にマッチングの実証事業を始める。具体的な仕組みは今後詰めるが、オンライン上で交流できるプラッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]