緊急度低い入院、コロナで減少 白内障は2割減

社会保険
医療費
医療・健康
2020/9/28 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症の影響で、治療の緊急度が低い症状の入院が減っている。急性期患者を治療する病院でみると、目の白内障手術、腸のポリープ切除などのための入院は7月に前年比2割ほど減った。海外なら日帰り手術が多い病気を中心に減っている。院内感染対策を強化してコロナ診療と両立できる環境をつくりつつ、本当に必要な治療に絞り込む必要がありそうだ。

病院経営支援のグローバルヘルスコンサルティング・ジャパ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]