ヒューリック、10月開業の高級旅館「ふふ日光」公開

栃木
2020/9/28 19:28
保存
共有
印刷
その他

ヒューリックは28日、カトープレジャーグループ(東京・千代田)と展開する高級旅館「ふふ」の4施設目を栃木県日光市に開業するのに先立って公開した。ヒューリックの西浦三郎会長はすでに建設中の3カ所に加え、「都内から2時間圏内の軽井沢や鎌倉、小田原に展開したい」と意欲を示した。

最高級のスイートルームの料金は1室2人利用で24万2300円(税込み)から

「ふふ 日光」は日光田母沢御用邸記念公園に隣接し、10月2日に開業する。全24室で最も料金の安いスタイリッシュスイートは1室2人で7万7300円(税込み)から、最高級のふふラグジュアリープレミアムスイートは同24万2300円から宿泊できる。

東武鉄道の所有地をヒューリックが借り上げ、同社とカトープレジャーの共同出資会社が運営する。ふふブランドでは4施設目で、2022年冬までにさらに京都、熱海、強羅の3カ所での開業を決めている。

宿泊施設はコロナ禍で苦戦が続くが、ふふでは海外旅行できない国内富裕層の宿泊が増え、「既存3施設の8月の稼働率は98%に達した」(西浦会長)。リピーターの利用も伸びているという。

日光市では7月に高級ホテルの「ザ・リッツ・カールトン日光」も開業済み。客単価の高い高級宿泊施設が相次ぎ開業することで、基幹産業である観光業の活性化が期待されている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]