中国、開発中コロナワクチン35万人接種 安全懸念も

中国・台湾
2020/9/28 19:30 (2020/9/29 5:08更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=渡辺伸】中国が開発中の新型コロナウイルス向けワクチンで、臨床試験(治験)段階での大規模な投与が行われていることが明らかになった。現地報道によると、接種者数は少なくとも35万人に達した。

駐在員や留学生らを海外渡航させるための緊急的な使用で、接種者らは「副作用は特に感じない」と話すが、安全性への懸念は消えない。

「週末も休まずに毎日、午前と午後に約3時間ずつ接種を行っている」。ワクチンを開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]