レジに並ばず支払い完了 ベルク、専用アプリ導入

埼玉
2020/9/28 19:15
保存
共有
印刷
その他

食品スーパーのベルクは買い物客がスマートフォンで商品のバーコードを読み取り、クレジットカードで決済するアプリ「スマベルク」を導入した。第1弾として北坂戸店(埼玉県坂戸市)で利用を始め、新規店舗など他店舗にも順次広げる。レジに並ぶ手間を省き、利便性を高める。

自分のスマホで商品バーコードをスキャンする

店舗入り口で店舗QRコードを読み取り、買いたい商品のバーコードを売り場でスキャンする。画面上の支払いボタンをタップすると、事前に登録したクレジットカードで決済が完了する。退店時は決済完了を示すQRコードを専用端末に読み取らせる。

スキャンしやすいようスマホが取り付けられる専用カートも用意した。10月6日に導入予定のフォルテ津田沼店(千葉県習志野市)では購入点数が多い客らの専用カウンターも設ける。スマホをレジのスキャナーのように置けるため、商品を袋詰めしやすいという。

アプリの利用はベルクカードの会員登録が必要で、クレジットカードのほか専用レジで現金でも支払える。従業員の業務負担を軽減し、店舗運営の効率化にもつなげる。新型コロナウイルスの感染予防策として、店員や客同士の接触機会を減らす効果も期待できる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]