/

この記事は会員限定です

北関東3県基準地価、コロナ禍で9年ぶり下落幅拡大

[有料会員限定]

北関東3県が29日発表した2020年の基準地価(7月1日時点)はコロナ禍の影響が色濃く出た。不動産会社の営業自粛に伴い土地取引が停滞した結果、縮小し続けていた下落幅が拡大に転じた。「利便性の高い地域を中心に需要は底堅い」との声はあるものの、本格的な回復にいたるには時間がかかりそうだ。

全用途平均の下落率は茨城が0.7%(19年は0.3%)、栃木が1.3%(同0.7%)、群馬が1.1%(同0.8%)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン