/

山梨県のスーパー、「静岡フェア」販売3200万円に

静岡県によると、山梨県が地盤のスーパー「オギノ」が8月に行った「静岡フェア」で、県産品販売額が4日間で3200万円に上った。釜揚げシラスや鮮魚といった水産品や、ご当地グルメの総菜などが特に好評だったという。2021年1月には2回目が予定されている。

フェアは新型コロナウイルスを機に県民同士で地場産品を買い合う「バイ・ふじのくに」運動の一環。26~27日には、静岡の特産品を販売する「静岡物産市inやまなし」が山梨県庁の噴水広場で開かれた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン