/

この記事は会員限定です

浜松市の行政区再編、コスト削減とサービス両立課題に

[有料会員限定]

行政区再編を巡って浜松市議会が28日に全46市議を対象に実施した賛否の採決は、賛成多数となった。再編を協議してきた特別委員会に続き、議会全体でも再編が必要との結論に至った。今後は区割りを詰める議論に移る。区制の見直しを求めた市の諮問機関の答申から10年以上を経て、市は再編へカジを切る。

午後、全員協議会で無記名で採決した。再編が「必要」としたのは38人で、「不要」の4人を大きく上回った。成立条件と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン