安川電機、優秀な若手 高評価得やすく 人事制度見直し

福岡
2020/9/28 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安川電機の小笠原浩社長は28日、日本経済新聞の取材に応じ、従業員の人事評価制度を見直す方針を明らかにした。事実上5段階で評価する組合員の半期ごとの人事評価について、最高の評価を得る人の割合がほぼ決まっている現行制度を改める。優秀な若手は成果を出せばこれまでより最高評価を得やすくなる。早くて約15年かかる課長への昇進期間を将来は1~2年短縮したい考えだ。

小笠原社長は新たな人事評価制度について、労…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]