/

中曽根氏合同葬に1億9千万円超 官房長官、政府支出「必要最小限」

加藤勝信官房長官は故中曽根康弘元首相の内閣と自民党の合同葬にかかる経費が1億9000万円余りだと明かした。28日の記者会見で「内閣と自民党で折半することを想定している」と述べた。政府は25日の閣議で2020年度当初予算の予備費から9643万円を支出すると決めた。

加藤氏は政府の支出額は妥当だとの見解を示した。「新型コロナウイルス感染症対応などで費用が膨らんだが必要最小限の範囲で進めている」と語った。

政府は28日、首相官邸で合同葬の準備にあたる実行委員会を開いた。加藤氏は「感染症予防に万全を期し、中曽根氏の功績にふさわしいものとなるよう密接に連携してほしい」と指示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン