/

宴会に芸妓を無料派遣、新潟市 地元利用の活性化狙う

新潟市内の料亭などに古町芸妓(げいぎ)を無料で派遣できる

新潟商工会議所は28日、新潟市内の料亭へ古町芸妓(げいぎ)を無料で派遣する事業を10月から始めると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大でインバウンドなどの需要回復が見込めないなか、地元客の利用促進につなげる。

創立や卒業の周年記念日など「特別な時」として申し込む場合は客が4人以上の宴席が対象。新潟市中央区の芸妓の派遣実績がある料亭に対して、客数に応じて最大5人の芸妓を派遣し、2時間分の費用を助成する。

これ以外でも40畳以上の個室を持ち、新型コロナの予防対策を取っている新潟市内の料亭にも派遣する。料亭などが主催する宴席で客数20人以上であれば、最大3人の芸妓を派遣し、1時間分の費用を助成する。

料亭側が新潟三業協同組合(新潟市)を通じて予約する。事業費は1000万円で約150件分を想定。新潟市などが立ち上げた「新しい観光スタイル推進協議会」の予算から拠出する。

新潟商工会議所の福田勝之会頭は「古町芸妓は新潟観光のキラーコンテンツ。インバウンドが期待できないなか、事業を通じて地元での知名度を高める良いチャンスになる」と期待する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン