/

岩国F35B追加配備に半年 10月開始、防衛省が説明

防衛省の宮川均地方調整課長は28日、山口県の藤田昭弘総務部理事と県庁で会い、米軍から、最新鋭ステルス戦闘機F35Bを岩国基地(同県岩国市)へ10月から約半年かけて追加配備すると連絡があったと伝えた。

米軍は海兵隊のFA18戦闘攻撃機12機をF35B16機に段階的に更新する。宮川氏は、期間中は移行作業に集中するため、配備中のFA18の運用を停止し、新たに12機のFA18を使用する部隊が米本土から派遣されると説明。移行期間中は岩国基地にある米軍機が増えるが「周辺の生活環境に影響はない」と説明した。

藤田氏は理解を示した上で、派遣される部隊に飛行経路を守ることや、移行作業終了後は速やかに撤退するよう米側に求めることを要望した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン