/

浜松医療センター、ウイルス防護器具を民間と開発

浜松医療センター(浜松市)は二輪車部品メーカーのヤマト製作所(同市)と組み、外科手術をする医療従事者をウイルスの感染から守る防護器具を開発した。新型コロナウイルスの患者らの外科手術が必要な場合に活用するという。

患者が新型コロナウイルスに感染していても緊急の外科手術を行う場合があるという

医療用ヘルメットとフィルター付きの管をつなぐ「アタッチメント」と呼ぶ器具を開発した。管から取り込んだ外部の空気をフィルター経由で浄化し、ウイルスを吸い込まないようにできる。人工関節の手術に使うヘルメット、全身麻酔時の呼吸のために使っている管を使った。いずれも一般的な医療機関で調達できる資材という。

手術時にヘルメットと防護服を身につけるだけでは、ヘルメット内の空気を循環させればウイルスを吸い込んでしまう恐れがあった。特にウイルス感染する患者では血液などから空気中に飛散する恐れが高いという。高性能な「N95」のマスクでは装着者が息苦しくなる課題があった。

既存品を使って防護機能を高められないかと浜松医療センターが製品開発を提案し、ヤマト製作所が設計・開発した。二輪車用エアクリーナーなどに持つノウハウを生かし、ナイロン製で軽いアタッチメントを3Dプリンターで作った。

浜松医療センターは既に5セットを導入した。新型コロナの患者が別の疾患で外科手術が必要になった場合などで使える態勢が整ったという。海野直樹院長は「需要のある製品だと思う。世界中に広められれば」と話す。

ヤマト製作所も販売のために代理店などと連携していきたいとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン