東京ムーブメント

フォローする

五輪聖火リレー、福島を3/25スタート 組織委が新日程

Tokyoオリパラ
2020/9/28 16:16 (2020/9/28 20:51更新)
保存
共有
印刷
その他

来年夏に延期された東京五輪・パラリンピックの聖火リレーについて、大会組織委員会は28日、開催日程を発表した。従前のスケジュールを1日前倒しして五輪は来年3月25日から、パラリンピックは同8月12日から行う。各自治体は簡素化を図りつつ、新型コロナウイルス対策も織り込んだ準備に本格的に着手する。

東京五輪の聖火リレーのリハーサルでトーチを持って走る石原さとみさん(2月、東京都羽村市)

東京五輪の聖火リレーのリハーサルでトーチを持って走る石原さとみさん(2月、東京都羽村市)

五輪、パラともに大会日程が1日前倒しになったことを受け、聖火リレーも同様に前倒しする。3月25日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)をスタートする。121日かけて47都道府県859自治体を巡るルートは原則として維持する。7月23日に大会会場となる国立競技場で聖火台にともされる予定だ。

当初決まっていた聖火ランナーは、本人から辞退の申し出がない限り変更しない。リレー期間中に各日の最終地点で開く到着式も、当初の予定通りの会場で実施する。

延期に伴う追加コストを削減するため、伴走する車列を減らし、到着式会場の装飾も見直すなど簡素化に取り組む。コロナ対策については、組織委が具体的な対策案をまとめて今後公表するとしている。

スタート地点となる福島県の担当者は「被災地の現状を発信できるよう、これまでと変わらない姿勢で準備を進めたい」と話す。五輪の延期が決まったのは、リレーがスタートするわずか2日前の3月24日だった。担当者は「今回はコロナ対策が追加されるので、各市町村とも調整して万全を期したい」と話した。

大会の開催都市となる東京都の担当者は「必要なコロナ対策を講じながら、大会を盛り上げられる聖火リレーにできるよう考えていきたい」と話した。

全47都道府県で採火されるパラリンピックは8月12日から43道府県でスタートする。その後、競技会場がある静岡、千葉、埼玉、東京の順で聖火リレーが進められ、同24日に聖火台に点火される。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
制限緩和の実証実験が始まり、収容人数を増やした観客席(30日、横浜市)


 新型コロナウイルス対策としてイベントの人数制限が続くなか、横浜スタジアム(横浜市)のプロ野球の試合で30日、制限緩和の実証実験が始まった。感染防止と観客動員を両立する道を探るため、「収容人数の50% …続き (10/30)

観戦チケットの払い戻し申請は、五輪が11月10日から同月30日まで、パラリンピックは12月1日から同月21日まで、公式販売サイトで受け付ける=Tokyo2020提供2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会


 新型コロナウイルスの影響で2021年夏に延期となった東京五輪の大会組織委員会は30日、観戦チケットの払い戻し申請を11月10日から同月30日まで公式販売サイトで受け付けると発表した。パラリンピックは …続き (10/30)

東京五輪でサーフィン会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸。延期されていたジャパンオープンが31日から行われる=共同共同

 聖地にサーフィンが帰ってくる。東京五輪で競技会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で、延期されていたジャパンオープンが31日から行われる。新型コロナウイルスの影響で観光客が大きく減った町では、大会開催を …続き (10/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]