マスオさん社長の改革 工務店からロボット開発
継ぎたいから継ぐ(1)

継ぎたいから継ぐ
2020/10/4 2:00 (2020/10/5 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正>10月5日2時に掲載した「マスオさん社長の改革 工務店からロボット開発」の記事中、竹延社長の名前が一部で「幸男」となっていたのは「幸雄」の誤りでした。(2020/10/5 12:32)

事業承継は日本企業の持続的な成長に欠かせない。国は税制を変え、M&A(合併・買収)による事業承継も後押しするが、経営者の平均年齢の上昇はとまらない。停滞の突破口になりそうなのが「継ぎたいから継ぐ」と強い意志をもつ後継ぎたちだ。彼らを突き動かすものは何か。

■生き残るためのロボ開発

設立59年の塗装工務店、竹延(大阪市)の3代目である竹延幸雄社長(47)は悩んでいた。「人材育成だけでは生き残っていけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]