/

この記事は会員限定です

「第2のメルカリ」育成ファンド、前CFOらが設立

[有料会員限定]

メルカリ前最高財務責任者(CFO)とモルガン・スタンレー投資銀行部門元幹部が組み、日本の新興IT(情報技術)企業を対象とする投資ファンドを設立する。主に成長期に入った未上場企業に対し、一段の成長や新規株式公開(IPO)を支援する。大手企業での実務経験を生かし、日本でのユニコーン(企業価値10億ドル=約1000億円=超の未公開企業)育成を目指す。

ファンド運用会社の名称は「ミネルバ・グロース・パートナーズ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン