ウーバー、日本の配達員の事故補償金を倍に 上限50万円

2020/9/28 15:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内料理宅配のウーバーイーツジャパン(東京・渋谷)は国内配達員の補償を積み増す。配達員が事故でけがをした場合に支払う医療費の上限を従来の2倍の50万円に増やす。手術代など新しい補償も加える。配達員は個人事業主であるギグワーカーで、従来の労災制度では補償できなかった。ウーバーイーツはコロナ下で需要が拡大しており、補償を手厚くして配達員をつなぎ留める。

補償制度を改定し、10月1日から適用する。まず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]