/

この記事は会員限定です

人材市場、鈍い求人回復 先行き不透明で「厳選採用」へ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が本格化してから半年あまり。緊急事態宣言の解除で回復に向かうかと思われた人材マーケットは足踏み状態が続く。IT(情報技術)や物流など新生活様式を支える業種の求人は出ているものの、全体を支えるほどではない。感染再拡大の不安も拭えない中、年末に向けて採用計画の再検討に取り組み始める企業も増えそうで、回復への楽観論は影を潜めている。

全国求人情報協会(全求協、東京・千代田)が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン