トヨタ系、販社2割赤字の試算も 都市部店に強い危機感
トヨタ販売改革の成算 縮み始めた店舗網(上)

愛知
2020/9/28 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車系の国内販売会社が販売店の統廃合に動き始めた。日本経済新聞社が全国のトヨタ系販売会社に調査したところ、10月1日時点の全国の店舗数が今年3月末時点と比べて58店減り、5142店になることがわかった。減少率にして1%程度にとどまるが、4つある販売系列での全車種併売がきっかけになった。販社の2割が赤字に転落するとの試算に各社は統廃合に動くが、都市部と地方で危機感の差は大きい。

■半年で58

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]