/

三笠宮妃百合子さま、心不全を併発 容体は安定

(更新)

宮内庁は28日、肺炎と診断され聖路加国際病院(東京・中央)に入院中の三笠宮妃百合子さまについて、心不全と診断されたと発表した。容体は安定しており会話や食事も通常通り可能という。当初1週間としていた入院措置は2~3週間に延長する。肺炎について実施した新型コロナウイルスのPCR検査の結果は陰性だったという。

同庁によると、心臓のポンプ機能が弱まり、胸水などの水分が体内にたまった状態という。投薬治療で水分を取り除き、リハビリを経て退院される予定。

百合子さまは1999年5月に心臓ペースメーカーを埋め込み、以後5~6年に1回程度、ペースメーカーの交換手術に臨まれている。2000年には狭心症と不整脈の治療を受けられた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン