/

この記事は会員限定です

複数内定絞れず、終わらぬ就活 学生・企業ともに不安

就活探偵団

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

10月1日は内定式。例年なら正式に内定が決まり、気持ちを引き締める節目の日だ。だがこの2020年はちょっと様子がおかしい。一部の学生は複数の内定をいまだに持ち続け、内定式後も入社にふさわしい企業かどうか吟味し続ける。一方で新型コロナウイルスの影響に翻弄され、いまだ内定のない学生も一定数いる。21年春の入社まであと半年。就活というトンネルの出口はまだ見えない。

「内定したという証拠がない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2238文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン