/

官房長官、コロナ後へ「G20でメッセージ打ち出す」

加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、11月の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に関し「ポストコロナの国際秩序づくりをG20が主導すべきだとのメッセージを明確に打ち出すことを目指したい」と述べた。

G20サミットを巡っては議長国のサウジアラビアが28日、テレビ会議形式で開くと発表した。加藤氏は具体的な課題として新型コロナウイルスへの対応や世界経済の回復、国際的な人の往来の再開などを挙げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン