/

アベノマスク1枚143円? 開示求め大学教授が国提訴

各世帯へ2枚ずつ配布された布マスク(4月、東京都世田谷区)

政府が新型コロナウイルスの感染対策として全世帯に配った布マスク、いわゆるアベノマスクについて、納入業者に発注した枚数と単価を開示しないのは不当だとして、神戸学院大の上脇博之教授が28日、国に情報開示などを求めて大阪地裁に提訴した。上脇氏は記者会見で「政策の妥当性を議論するために国は情報を開示する必要がある」と主張した。

原告側は、一部黒塗りで開示された文書に「マスクの単価が税込み143円」との記載があったと明らかにした。原告側は、国側が黒塗りをし忘れた可能性があるとみている。

訴状によると、上脇氏は4~5月に布マスク配布の決定や業者との契約に関する文書を国に情報公開請求したが、国は今後の価格交渉に支障を来す恐れがあることや、業者の調達ノウハウに関する情報であることを理由に、発注した枚数や単価を黒塗りにした。

上脇氏は「マスクの調達は特異な業務とはいえず、独自の技術的ノウハウに基づくものでもない」として開示を求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン