/

海保巡視船と台湾漁船が接触 官房長官「適切に対応」

加藤勝信官房長官は28日午前の記者会見で、27日に沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海内で、海上保安庁の巡視船と台湾漁船が接触したと説明した。海保側が退去警告を発出したが漁船が接近してきたと述べた。「日本政府は必要な調査と適切な対応をする」と語った。

双方の船に軽度な損傷はあったものの、けが人はなかったという。加藤氏は接触後、日本側からただちに台湾側に必要な申し入れをしたと明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン