/

CTCが物流の合弁会社を設立 IT活用で効率化

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と関東地方で物流事業などを手がけるTAKADA(さいたま市)は、物流の合弁会社「TriValue(トライバリュー)」を設立した。大型家具の配送元請け事業を手がける。IT(情報技術)を駆使して、顧客の利便性の向上や業務の効率化を目指す。

トライバリューは大型家具メーカーや小売りなどの荷主の倉庫から家具購入者の自宅までの配送を担当する。具体的には、元請けとして依頼を受け付け、実際の配送作業はTAKADAグループの物流会社に委託する。

トライバリューはCTC製の配送管理システムを使って効率的な配車計画を策定し、物流会社に提供する。これにより物流会社は配送効率を高められるという。

小売店などに対しては、家具の配送日時を指定できるようにする。これまで大型家具の配送は設置作業などがあるため、小包などに比べると日時指定が大まかであることが多かった。システム活用で細かい日時指定を可能にし、顧客の利便性を向上させるという。

トライバリューは当初、TAKADAの事業エリアである関東地方でビジネスを開始する。将来的には配送管理システムの利便性を強みに、地方の物流会社と提携して全国に事業を拡大する予定だ。(矢口竜太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン