/

この記事は会員限定です

菅流「自助」を攻める野党共闘 きしむ社会保障の土俵

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

「目指す社会像は自助・共助・公助、そして絆だ」と新内閣を船出させた首相の菅義偉。「政権の選択肢になる」と野党共闘に動く立憲民主党代表の枝野幸男。与野党で新党首が誕生し、次の衆院選は有権者が政権を選ぶ「決勝戦」となるはずだ。枝野は菅流の理念から「自助」を切り出して「自己責任をあおる新自由主義」だと攻め立て始めた。政権を競い合う政党が共有すべき「持続可能な社会保障」という議論の土俵がきしむ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3081文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン