/

この記事は会員限定です

投信市場は活況か 過去10年のデータを検証

[有料会員限定]

少額投資非課税制度(NISA)の開始や確定拠出型年金の広がりなど、投資信託の市場に資金が流入しやすい環境が続いている。足元では世界的な株高を背景に好成績のファンドも目立つ。それでは本当に投信市場は活況だったのか。過去10年間をデータで検証してみた。

まず、全公募投信の過去10年間の純資産残高をみてみよう。2020年8月末の投信残高は126兆円と、過去最高を更新した。この10年間で残高は倍増だ。こう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1390文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

投信調査隊では投資信託による資産運用に欠かせない情報やトレンドをQUICK資産運用研究所のプロが解説します。 投信の失敗しない選び方からリスクを分散する方法、つみたてNISAの使い方など投信を使った長期投資に役立つヒントが満載です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン