/

この記事は会員限定です

キオクシア上場延期 米中摩擦響く、2位連合構想に影

[有料会員限定]

半導体メモリー2位のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は28日、東京証券取引所への上場を延期すると発表した。米中貿易戦争の余波で中国の華為技術(ファーウェイ)向けの出荷ができなくなるなど収益見通しが悪化。上場を機に首位の韓国サムスン電子を追走し、台頭する中国勢を迎え撃つ「2位集団」となる構想に影を落とす。

「今は適切な時期ではない」「無理に上場するのはかえって逆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン