/

この記事は会員限定です

バリュー投資は生きている 「十字屋四代目」の挑戦

一目均衡 編集委員 川崎健

[有料会員限定]

株価指数に連動する低コストのパッシブ運用に押されっぱなしで、独自に銘柄を発掘・選別して投資するアクティブ運用から大量の資金流出がつづく。とりわけここ数年は世界で運用成績の悪化に歯止めがかからず、退場寸前まで追いつめられているのがバリュー(割安株)投資家だ。

伝統的に「バリュー優位」の構図がつづいてきた日本株も例外ではない。2017年半ばからグロース(成長株)への遅れがめだちはじめ、コロナ禍を境にそ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン