日経平均続伸、307円高の2万3511円 配当再投資の期待

2020/9/28 9:12 (2020/9/28 15:31更新)
保存
共有
印刷
その他

28日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末比307円00銭(1.32%)高の2万3511円62銭で終えた。14日以来2週ぶりの高値水準。きょうは9月末の配当権利付き最終売買日にあたり、配当再投資に絡んだ先物買いが入るとの期待から引けにかけて上げ幅を広げた。日本時間28日の米国株価指数の先物が堅調だったことも買いを促した。

日経平均は上値が重くなる場面もあった。米国が中国半導体の中芯国際集成電路製造(SMIC)に対し輸出規制を設けると伝わり、米中関係の悪化が相場の重荷となった。東エレクアドテスト信越化など半導体関連が下げた。傘下の半導体メモリー会社が上場延期を発表した東芝も安かった。

JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前週末比230.12ポイント(1.57%)高の1万4914.88だった。東証株価指数(TOPIX)は続伸し、27.70ポイント(1.69%)高の1661.93で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆7082億円。売買高は14億6267万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1892と、全体の約9割を占めた。値下がりは251、変わらずは34銘柄だった。

25日に今期業績見通しを上方修正したニトリHDが上昇。ディーエヌエが年初来高値を更新した。ソフトバンクグループファストリ任天堂東映が買われた。一方、公募増資を検討していると伝わったANAHDが大幅安。ホンダNTTデータ東洋紡が下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]