/

東洋紡工場で火災、2人死亡1人けが 愛知・犬山

(更新)
白煙を上げる東洋紡犬山工場(27日、愛知県犬山市)=共同

27日午後9時5分ごろ、愛知県犬山市木津前畑の東洋紡犬山工場で「白煙が上がっている」と守衛から119番があった。約11時間後に鎮火したが、犬山署によると、いずれも東洋紡社員の係長、高橋清文さん(55)=同県一宮市丹羽大森=と、班長、町方暁彦さん(37)=岐阜市南鶉=の2人が死亡した。同署と消防が出火原因などを調べている。

犬山署や東洋紡によると、工場は当時、稼働中で、包装フィルムを製造する機械が火元とみられる。死亡した2人は工場内で初期消火に当たっていて逃げ遅れ、煙にまかれたとみられる。

死因はいずれも一酸化炭素(CO)中毒という。ほかに男性社員(34)がのどをやけどした。

工場によると、機械は出火当時、清掃中だった。担当者は取材に対し、「遺族に大変申し訳ない。再発防止に努めたい」と話した。

近所の住民によると、爆発のような音がして、建物から煙が出た。近くに住む20代の男性会社員は「揺れて地震じゃないかと思った。煙が建物の2倍くらいの高さまで上がっていた」と話した。

現場は名鉄犬山駅から南西約3キロで、付近に住宅街がある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン