ドイツで週休3日案 労組の提案契機、雇用維持

ドイツ政局
2020/9/27 21:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤】木曜には1週間の仕事を終え、3日間の長い週末に思いをはせる――。ドイツで週4日勤務(週休3日)案が浮上している。独最大の産業別労働組合、IGメタルの提案がきっかけだ。新型コロナウイルスの影響などで雇用不安が高まる中、雇用維持の切り札になるのか注目を集めそうだ。

「週4日勤務は自動車産業のような構造転換への答えになるだろう」。IGメタルを率いるイェルク・ホフマン氏が8月に独メデ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]